U-NEXTのポイントは何のために利用する?他の動画配信サービスと料金を比較。

U-NEXT

U-NEXTのポイントは何のために利用する?他の動画配信サービスと料金を比較。

U-NEXTとは?

映像配信サービス「U-NEXT」を主軸とし、インターネットサービスやモバイル事業も展開している。映像配信サービスは、「GyaO」「GyaO NEXT」を経て、2009年から現行の「U-NEXT」にブランド名称を変更しました。

元々はUSENの映像配信部門から独立して設立された企業ですが、2017年の事業再編により、それまで映像配信事業を行っていた初代法人がUSENを吸収合併して株式会社USEN-NEXT HOLDINGSに称号を変更しました。現行の株式会社U-NEXTはUSEN-NEXT HOLDINGSが100%出資する事業子会社です。

U-NEXTの月額料金

U-NEXTの月額料金は、2,149円です。

公式ページでは、料金の内訳は下記の様になっています。

サービス/料金
ビデオ見放題/990円
雑誌読み放題/500円
1,200ポイント/500円

ポイントは、U-NEXT内の作品を購入するポイントのことです。

U-NEXTでは登録すれば全ての作品が見放題というわけではなく、新着作品などはこのポイントを使って見ることが出来るようになっています。

しかし、1,990円プランよりも安い『1,490円プラン』があります。

この1,490円プランと1,990円プランの違いは、下記の通りです。

  • 毎月ポイントが付与されない
  • 1年以内の解約の場合、5,000円の違約金がかかる

ポイントが付与されないということ以外、通常通りにU-NEXTを利用することができます。

ポイントを利用して新着作品を見たい時などは、別途で料金がかかってきます。

長期利用したいという方のためのプランで、1年以内に解約をする5,000円の違約金がかかります。

ポイントは何のために利用する?

U-NEXTの月額2149円のプランに登録すると、毎月ポイントが付与されるようになります。

お試し期間中に600ポイント、それ以降の月は1,200ポイント付与されます。

毎月付与されるポイントの有効期限は90日間です。

一方で、ポイントは課金により購入できますが、購入したポイントの有効期限は180日です。

ポイントの利用方法は

  • 動画作品のレンタル
  • マンガ作品の購入

に利用できます。

U-NEXTでは、全ての動画作品が全て見放題というわけではありません。

最新の映画作品などはポイントを利用して作品をレンタルする必要があります。

その時必要になるのがポイントです。映画作品の価格は1作品300?600ポイントぐらいです。

1ヶ月で最新作が2?4作品見れます。

また、U-NEXTではマンガ作品も購入することが出来ます。

ジャンプ
マガジン
サンデー
ビッグコミックスピリッツ
モーニング

など有名マンガ雑誌の作品などとても幅広いラインナップです。

マンガは見放題サービスはなく、ポイントを利用して購入することが可能です。

iPhoneやiPadなどiOS専用のUコイン

U-NEXTにはiPhoneやiPadなどiOS専用のUコインというものがありますが、こちらはポイントとは異なります

支払い方法は7種類あります。

U-NEXTの支払い方法は、下記の7種類です。

・クレジットカード
・ドコモ払い
・auかんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い
・Amazon.co.jp(Amazon Fire TV/Fire TV Stick限定)
・U-NEXTカード
・ギフトカード

U-NEXTカードとは、コンビニなどで購入出来るプリペイドカードのことです。

クレジットカードがない方や、利用したくない方もU-NEXTカードで利用することが出来ます。

また、スマホのキャリア決済も付いています。

料金の請求日と引き落とし日

U-NEXTの料金の請求日は毎月1日です。

ただし引き落とし日は支払い方法によって異なっています。

クレジットカード払いであれば、カードの引き落とし日になります。また、キャリア決済であればケータイ料金と一緒に引き落とされるからです。

また、U-NEXTの支払いは後払いという点に注意してください。

例えば、4月1日から4月30日までの利用料金は「5月1日」に請求されます。

U-NEXTの料金は日割り計算はありません。

U-NEXTでは最初の31日無料で利用できますが、料金発生後、解約または退会した場合、料金の日割り計算はありません。

例えば、4月10日に無料トライアルを始めた場合、5月9日に料金が発生します。

もし、5月20日にU-NEXTを解約、または退会し、10日ほどしか利用しなかった場合でも、月額料金は1990円です。

また、2回目の料金発生は6月1日で1回目の料金発生の5月9日から20日ほどしか利用できませんが、月額料金は1990円かかります。

他の動画配信サービスとの料金比較

U-NEXTと他の動画配信サービスと比較してみました。

サービス名月額料金
U-NEXT2,149円
auビデオパス562円
FOD888円
hulu1,007円
Netflixベーシック:800円
スタンダード:1,200円
プレミアム:1,800円

他サービスと比べてみると、U-NEXTが一番高いです。

1,490円プランでも、他サービスよりは少し高めです。

U-NEXTの特徴

総配信本数15万本以上

U-NEXTは総配信本数が15万本以上という業界トップのコンテンツ量です。

豊富な作品の中から、自分の見たいものを見つけたいという方にはぴったりのラインナップになっています。

注意点は、すべての作品が見放題ではなく、一部作品はポイントで購入する必要があることに注意してください。

映画のラインナップが豊富である

U-NEXTの映画のラインナップは邦画、洋画ともにかなり多くなっているのが特徴です。

特に海外発祥のほかの動画配信サービスと比べ、U-NEXTの邦画の数はかなり充実してします。

さらに、U-NEXTでは話題の新作映画がすぐに配信されます。基本的に新作映画はポイントが必要となってくることに注意してください。映画をメインで楽しみたいという方は、U-NEXTがオススメです。

アニメも豊富である

U-NEXTはアニメ作品も充実しています。

約2900ものアニメ作品が配信されています。

もしアニメだけが見たければ、dアニメストアが一番ですが、アニメだけでなくほかのコンテンツも楽しみたいという方にはU-NEXTが一番おすすめです。

漫画、雑誌も読める

U-NEXTがほかの動画配信サービスと大きく異なるとが、動画だけでなく、漫画、雑誌などのブックサービスを利用できるという点です。

漫画は合わせて約71000冊、雑誌は約70冊のラインナップです。

漫画は基本ポイントで購入しなければいけないようになっていますが、雑誌はすべて完全無料になっています。

最大4つのアカウントまで作成できる

U-NEXTにはファミリーアカウント機能というものがあり、U-NEXTに契約したアカウント(親アカウント)とは別に最大3台までアカウント(子アカウント)を作ることができるようになっています。

例えば、4人で1つのU-NEXTアカウントを利用すれば、実質月額料金は537円になります。

ダウンロード機能でオフライン再生が可能

U-NEXTにはダウンロード機能があります。

これは一度作品をダウンロードし保存しておけば、いつでもどこでもオフラインで楽しめるというものです。

このダウンロード機能を使えば、通信量を気にする必要がなくなるため、通勤などの電車の中でもU-NEXTが楽しめるようになるんですよ。

また、動画だけではなく、漫画や雑誌もダウンロードできるという点は意外に知られていません。

コメント