マロッタ忍はハーフ?経歴や年収は?

 

 

 

 

マロッタ忍さんの経歴

 

2019年11月14日にNHKで放送された「世界はほしいモノにあふれている」に出演した事で、インターネット上を中心にマロッタ忍さんが注目を集めています。ちなみに彼女の出身地は神奈川県で、現在はジュエリーデザイナーとして活躍中です。

 

もっとも経歴を見るとすんなり現在の職業に就いた訳ではなく、大学卒業後にまずは印刷会社に就職した経験があります。ですがジュエリーデザイナーになるという夢を叶えるため、就職した翌年である2003年にはジュエリー専門学校に通い始め、賞を受賞する等して早い段階で活躍していました。

そして2005年にジュエリーメーカーでデザイナーとして働き始めた後に、2008年にブランドtalkativeを立ち上げ、2011年にブライダルラインをスタートさせると共に、株式会社シャベルを設立したのです。

 

マロッタ忍さんはハーフ? それとも日本人?

 

そのため現在、彼女は株式会社シャベルの代表者という肩書きを持っています。彼女に関しては、マロッタ忍という名前と共に少しくっきりした顔立ちからネット上では、ハーフなのではないかと思っている人も少なくない様です。

ですが以前FMラジオに出演した際に純日本人という形で紹介されており、本人も否定していません。なのであくまでマロッタ忍はデザイナーとしての名前に過ぎず、彼女はハーフではなく完全な日本人です。ただし本名の方は公開されていないため、一応は謎のままだったりします。

 

 

まとめ

 

更に年齢に関しても、彼女は生年月日を公表していないため正確には不明です。もっとも2002年に大学を卒業している事は判明しているので、ストレートに大学に入って卒業したと考えた場合には1979年前後の生まれであると考えられます。他にも彼女が結婚しているか、子供がいるかという点も気になる所です。ですが結婚しているという情報は皆無である事から、独身である可能性が高いと言えます。

 

そうなると、子供もまだいない可能性が大ですが明確な事は言えません。売れっ子のジュエリーデザイナーの彼女の情報として、気になるのが収入面です。ただしジュエリーデザイナーは華やかに見える仕事ですが収入面はそれ程派手ではなく、駆け出しの頃は年収が300万程度で、一般のデザイナーでも500万程度とそう高くはなかったりします。

 

もっとも彼女の場合は自分でブランドを持ち会社の代表者である事から、一般的なジュエリーデザイナーよりも収入がかなり多いのは間違いないです。だからこそ年収は、数千万円規模にはなっていると推測出来ます。

コメント