ドクターXはU-NEXTで見れる?あらすじも合わせて紹介!

U-NEXT

ドクターXは、高視聴率の人気ドラマです!U-NEXTで視聴できます。

ドクターXについて、Wikipediaなどの情報を引用してご紹介します。

ドクターXとは?

キャスト
主人公
大門未知子(だいもん みちこ)
演 – 米倉涼子[11]
昭和51年1月7日生まれ。広島県呉市出身。
2001年に明英医科大学医学部医学科を卒業。卒業後は東帝大学医学部外科医局に入局したが、まもなく退局し、2002年にキューバ・クバナカン医科大学医学部へ編入。卒業後は、クバナカン医科大学病院に勤務。僻地医療・軍医・船医を経験した後に日本へ帰国する。現在は神原名医紹介所に籍を置き、フリーランス外科医として活動している[12]。手術後は、コップ一杯のガムシロップを飲むのが習慣。

日本・キューバ国内での獣医師免許も持つ、ダブルライセンスの医師である。獣医としての腕もかなりのもので、安楽死しか選択肢のないとされていた競走馬の骨折を完治させた[注 1]。
城之内と喧嘩し、同じ手術場に立たなかった際には麻酔科医としての役目もこなした[注 2]。

大学病院内のヒエラルキーを無視する率直な言動に前院長の久保が激怒したことで解雇処分となるが、新しく第三病院 院長になった毒島により再雇用される[注 3]。

労働条件は勤務時間8:00 – 17:00・年俸約1,200万円・時間外労働は時給3万円・医師免許の必要ない業務はしないという破格のもの[注 4]。

医師としての能力は極めて高く、患者の周辺状況などから事前に容体の変化などを想定する洞察力も併せ持つ。「私、失敗しないので」と医療ミスは絶対に起こさないとたびたび宣言している。暗黙の了解とされる教授の下働きや付き合いを「いたしません」の一言ですべて拒否し、他者とは決してつるまぬ一匹狼ぶりと歯に衣着せぬ発言で、大学病院内での組織の一員としては嫌われやすい方針を貫いている。医師免許を持っていなくとも出来る作業は、雑用はおろか握手まで断る[注 5]。

手術外では傲慢でいい加減な面が目立つが医師としての責任感は人一倍強く、「失敗しない」と度々言うのは「患者は一度失敗されたらその時点で終わり」という信念から、自らの退路を断つための行為である。
未知子の父・大門寛も天才的な外科医で、大学を退職してからは僻地で診療所を開業していたが、そこはすでに潰れ、寛もすでに亡くなっている。診療所閉鎖は毒島とのトラブルが遠因にあると晶が未知子に話していた。

履歴書に趣味、特技共に手術と書くほど「三度の飯よりオペが好き」な外科医。終業後はクラブで踊ったり[13]、神原らと麻雀に興じている。麻雀は下手であるが、2度勝ちとった事がある。他に銭湯通い・卓球・公営ギャンブルなどの趣味があるが、基本的に手術以外のスキルは皆無であり、ギャンブルの才能もない。晶を師匠と呼び、初めての術式での手術の際は指導を仰ぐこともある。一度同じ手術場に立ったこともある。第3期最終話で晶が重度の病に冒された際には大門が執刀した。晶の手術の直後には晶が銭湯のロッカーに隠し持っていた手術代を使って宇宙旅行へ行っている。

「病人が嫌い」で「手術して患者を早く治したい」という考えから医師になったと加地に話している通り、治療の際にはどんな患者であっても、その回復を常に第一に考える。

作品中では「外科医」「専門医のライセンスと叩き上げのスキル」としか言われておらず、専門は不明。しかし足の骨肉腫から、肝臓・腎臓・小腸・肺の生体間移植・脳腫瘍の切除・末期がんの切除などをこなしており、万能であることが伺える。

その神がかり的な実力を何度か院内政治の道具として利用されそうになるが、そのような場合、オペは可能であっても「出世の手伝い、いたしません」と言って拒む。特に純粋な治療目的以外のオペを毛嫌いし、患者を選挙の道具にした馬淵に対しては「手術なめんな!」と怒鳴った。

初期の頃はカンファレンスへの出席や「御意」などの返事も嫌がったが、最近はカンファレンスへも出席し、状況によっては「御意」と返事することも増えた。また、バイト扱いされると「フリーランス」と言い直していたが自ら自身の立場を「バイト」と発言することもある[注 6]。

主人公のモデルとなった人物は、柔道家の松本薫。最初、どんなヒロインにするか迷っていた脚本家の中園が、ちょうどその頃開催中だったロンドンオリンピックで、柔道では日本人唯一の金メダリストとなった松本がテレビ番組とのインタビューで、「私、ミスはしないので」ときっぱり答えていたのを見て、”スーパー外科医”のイメージが立ち上がってきたという[14][15]。

第4期
第9話で、命より病院の名声が大事と言った蛭間に対して「バカじゃないの?」と言って院長室から追い出された。

第5期
第9話で完全に排除に動いた内神田の策略で東帝大への出入り禁止となり、また雇用契約を打ち切られたことである患者の執刀が出来なくなるが、それでも晶が内神田に懇願したことで何とか手術だけは出来るようになり、無事に成功させる。手術後は患者の経過を確認し、別れた後は城之内と共に服を買いに行くが、買う服を選んでいる途中に突然倒れてしまう。

最終回において検査の結果、ステージIIIの「後腹膜肉腫」を患っていることが判明し、最初は自身が病気であることから内神田の手術を加地から頼まれても断り続けたが、それでも目の前の患者を救いたい一心から痛み止めを打って執刀に望むことを提案し、結局は内神田の執刀を引き受ける。また、ボストンで手術を受けるように晶から懇願されても拒否し、一度は道中で痛みに苦しんだが、何とか耐えて遅れながらも内神田の執刀を務め、痛み止めが切れて痛みに苦しみながらもかつて晶から教わったある言葉を口にしながら何とか手術を成功させた。手術後は遂に倒れてしまうが、意識を失う間際に執刀医として西山を指名し、自身の手術の際には前もって考案してノートに残していた「ハイブリッド型人工血管を用いた術式」を晶を通じて西山たちに知らせ、最終的にはそれを聞いた西山や加地、原や森本の執刀を受けて無事に完治する。神原名医紹介所閉鎖後は晶と共に日本を離れてキューバに移住し、フリーランスの医者としてキューバの病院で働き始める。

第6期
第1話が始まる時点で、既に晶と共に日本に帰国していたが、とある山道を歩いている途中で晶とはぐれてしまう。所持金が殆ど無い状況に陥っていた未知子は、山道をさ迷い歩く中で一軒家を発見し、そこに住んでいたニコラス・丹下に食事を分けてもらい、数日後、ニコラスに誘われる形で城之内と共に東帝大学病院で働き始める。当初はニコラスに対し、「ニコタン」と渾名で呼んだり、大抵は「いたしません」と拒否している握手を求められて素直に応じるなど好意的に接していたが、病院の食堂のスタッフである岩田一子が体調を崩して倒れ、AIに「肺塞栓症」と診断された後に、ニコラスが詳細な検査を行わずに手術を強行させたり、「AIの指示に従うのであれば、手術をしてもよい」と告げるなど一方的かつ強引な態度を表したのを切っ掛けに反抗的な姿勢を示すようになり、一子の手術を終えた翌日に廊下で会ったニコラスが「昨日のことは水に流して、『友人』として力を尽くして欲しい」と握手を求めたのに対し、未知子は「いたしません。無駄なので」と拒否した。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ドクターX?外科医・大門未知子?

米倉涼子『ドクターX』初回視聴率20・3%「とても驚いています」

 女優の米倉涼子(44)が主演し、17日にスタートしたテレビ朝日系ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の初回の平均視聴率が20・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが18日、分かった。

今年に放送された民放連続ドラマでは初の20%の大台突破。瞬間最高は午後10時3分と同5分の25・3%。天才外科医、大門未知子(米倉)が無事に手術を終えた岩田一子(松坂慶子)と会話をするシーンなどだった。

2年ぶりのドラマ復活に米倉は「想像していた以上の結果を出すことができて、とても驚いています。今は素直にうれしいと感じています」と喜びのコメントを寄せた。

引用:https://www.sanspo.com/geino/news/20191019/geo19101905020010-n1.html

ドクターXは、高視聴率の人気ドラマです!U-NEXTで視聴できます。

今すぐU-NEXTに登録しましょう!

コメント