海外ドラマ『キャッスルロック』はU-NEXTで視聴できます。見どころも合わせて紹介

U-NEXT

キャッスルロックは、U-NEXTで視聴可能です。

キャッスルロックとは?

キャッスルロック|ワーナー・ブラザース
この町には、「それ(狂気)」が潜んでいる。脚本:スティーヴン・キング × 製作総指揮:J.J.エイブラムス 豪華タッグで贈る、全米震撼のミステリー・ホラー

キャッスルロック(Castle Rock)は、スティーヴン・キングが創造したアメリカ合衆国メイン州に位置する架空の街である。

キャッスルロックはニューイングランドの典型的な田舎街であるが、無数の暗い秘密を有している。この街は同著者の『デッド・ゾーン』で初めて登場し、『ニードフル・シングス』の大破壊を持ってその歴史に幕を閉じた。しかし、それ以降の作品においても言及されることはある。また、『呪われた町』の舞台となったセイラムズ・ロットはキャッスルロックの原型とされている。 キングのホームタウンであるメイン州ダラム(Durham)や高校生活を過ごしたメイン州リスボン(Lisbon Falls)はキャッスルロックの街並みに大きく影響している。

H.P. ラヴクラフトはその作品群の舞台としてアーカム、ダニッチ、インスマスといった街を作り上げた。キングはそのアイデアを拝借して、ジェルサレムス・ロット、キャッスルロック、そしてデリーといった街を創造した。キングはラヴクラフトの大ファンを公言しており、彼を「20世紀の暗闇とバロックの貴公子」と称している。

豆知識
映画監督ロブ・ライナーは自らが手がけた『スタンド・バイ・ミー』が成功を収めたあと、製作会社キャッスル・ロック・エンターテインメントを設立した。

古くからの住民はこの街のことを単に「ロック」と呼ぶ。

高見広春の小説『バトル・ロワイアル』に登場する「城岩町」の名前の由来とされている。
キャッスルロックを舞台とした作品
デッド・ゾーン – The DeadZone (1979)
クージョ – Cujo (1981)
スタンド・バイ・ミー – The Body (1982)(収録:中編集『恐怖の四季』)
オットーおじさんのトラック – Uncle Otto’s Truck (1983)(収録:短編集『神々のワードプロセッサ』)
ダーク・ハーフ – The Dark Half (1989)
サンドッグ(英語版) – The Sun Dog (1990)(収録:中編集『Four Past Midnight』)
ニードフル・シングス – Needful Things (1991)
丘の上の屋敷 – It Grows On You (1993)(収録:中編集『ナイトメアズ&ドリームスケープス』)
キャッスルロックが言及される作品
地下室の悪夢 – Graveyard Shift
ノーナ – Nona
トッド婦人の近道 – Mrs. Todd’s Shortcut
おばあちゃん – Gramma
ジェラルドのゲーム – Gerald’s Game
トム・ゴードンに恋した少女 – The Girl Who Loved Tom Gordon
骨の袋 – Bag of Bones
黒いスーツの男 – The Man in the Black Suit
ライディング・ザ・ブレット – Riding the Bullet
ザ・スタンド – The Stand
Riding the Bullet

11/22/63 – 11/22/63
参考 スティーヴン・キング以外でキャッスルロックの地名が登場する作品

タッチ CROSS ROAD?風のゆくえ? (日本国、日本テレビ) ? 関係が有るかは定かではないが上杉達也がここの球場へ行く。
キャッスルロックとしてロケされた街
ブラウンズビル(オレゴン州) – 映画スタンド・バイ・ミー (1986)
テレビシリーズ
キングとJ・J・エイブラムスが製作総指揮を務め、キング作品に登場するキャラクターやテーマを交錯させながら、キャッスルロックで起きる謎の事件を描いたテレビシリーズ『キャッスルロック(英語版)』が2018年7月からHuluで配信され、日本ではWOWOWで2019年に放映された[1]。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/キャッスルロック

ホラー小説界の巨匠、スティーヴン・キングが脚本と製作総指揮、映画「スターウォーズ/最後のジェダイ」(2017年)などの監督としてもおなじみのJ・J・エイブラムスが製作総指揮を担当した海外ドラマ「キャッスルロック」(18年〜)。そのBlu-rayとDVDが8月7日に発売されたが、これに先駆け、8月2日に開催されたトークイベントに映画評論家で翻訳家としても活躍する芝山幹郎氏と映画評論家の森直人氏が登壇。同作の魅力やキング作品の楽しみ方などを語った。

「キャッスルロック」はキング作品にたびたび登場する架空の町・キャッスルロックを舞台にしたミステリー・ホラー。不可解な事件ばかり起こるキャッスルロックで、刑務所に何年も幽閉されていた青年が発見される。これをきっかけに、現在は別の町で暮らしている弁護士のヘンリーが故郷のキャッスルロックに戻ってくるが…。主人公・ヘンリーを「ムーンライト」(16年)のアンドレ・ホランド、謎の青年を「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」(17年)のビル・スカルスガルドが演じ、本作には原作小説はなく、キングが脚本に参加していることも話題。シーズン2の製作も決定している。

キングの著書「ニードフル・シングス」を翻訳した芝山氏は、「キングの小説にはデリーやセイラムズロットなどの架空の町が登場しますが、キャッスルロックはその中でも一番使われている町。『デッド・ゾーン』や『ダーク・ハーフ』『ニードフル・シングス』などの小説の舞台になっています。キングのオフィシャル・ホームページによると、人口は1500人くらい、メインストリートも100mくらいという設定。小さな町なので住民はお互いのことが何でも分かってしまう。嫉妬や怨恨、憎悪がはびこりやすいんですね。だから、『キャッスルロック』には因縁話が多く出てくる」と、町の構造を説明。森氏は「このドラマにはキングの小説の登場人物が何人も再登場する。いろいろな小説の世界観が交錯していくところが面白い。やはり、キャッスルロックが舞台の『スタンド・バイ・ミー』に関連するエピソードもあるんですよ」と、本作の注目ポイントを解説した。

「キングの小説の中でも叙事詩的な長編を圧縮して映像化すると大体、つまらないものになってしまう。むしろ、『スタンド・バイ・ミー』とか『ショーシャンクの空に』のように叙情的な中・短編を思い切って膨らませると成功する。だからこのドラマのように550分のテレビシリーズなら、ディテールも描けて話の核も描ける。ストーリー性も強く出すことができるというメリットがある。キングの作品はテレビに向いていると思います」という芝山氏の意見に森氏も賛同。「今はハリウッドの有力な監督たちが、物語を自由に語れるテレビシリーズに魅力を感じている時代。ストーリーテリングが重視されるテレビシリーズにキングの小説はうってつけ」と、キング作品とテレビシリーズの相性の良さを語り合った。

また、森氏はキングの影響力の大きさにも言及。「海外ドラマの『ストレンジャー・シングス』なんて、キングはまったく関わっていませんが、完全に“キング節”。キングの影響がそこかしこに見られます」。最後に本作の見どころを聞かれた芝山氏は「第7話と9話が注目です。もし、飽きてしまった人は途中を飛ばしてもこの2話は見てほしい(笑)。この2話は独立しつつもつながっているエピソードで、テレビシリーズの強みが出ている」とコメント。森氏は「本作はキングの入門編として最適。僕はシーズン2も楽しみ。海外ドラマにはありがちですが、謎が増えているようなんですよ」と新シーズンへの期待をのぞかせた。

引用:https://www.tvguide.or.jp/feature/kaidra/20190809_01.html

キャッスルロックは、U-NEXTで視聴可能です。

今すぐU-NEXTに登録しましょう。

コメント