千葉小4女児虐待死の母親の顔写真は?逮捕の理由が衝撃すぎる!

社会
スポンサーリンク

 

【千葉小4女児虐待死】として連日報道されている千葉県野田市の小学4年生、栗原心愛(くりはらみあ)ちゃん10歳が父親の栗原勇一郎容疑者から暴行を受け亡くなってしまった事件に進展がありました。

なんと母親(栗原なぎさ)も傷害の容疑で逮捕されたのです!!

 

 千葉県野田市の小学4年栗原心愛(みあ)さん(10)が1月に死亡し、父親の栗原勇一郎容疑者(41)が傷害容疑で逮捕された事件で、県警は4日、母親の栗原なぎさ容疑者(31)を同容疑で逮捕した。

小4女児死亡、母親も傷害容疑で逮捕

 

衝撃です。心愛ちゃんは父親・母親2人から虐待を受けてたってこと?

可哀そすぎます、、、

報道で母親の栗原なぎさ容疑者は夫である勇一郎容疑者からDVを受けていたとされていましたが、

まさか虐待に関わっていたなんて。。

 

ということで、

【千葉小4女児虐待死】母親の顔写真や逮捕された理由について調べてみました!

 

スポンサーリンク

母親(栗原なぎさ)の顔写真は?

 

先に逮捕された栗原勇一郎容疑者の顔写真は連日の報道ですでに出回っていますよね。

では母親の栗原なぎさ容疑者の顔写真も公開されているのでしょうか?

画像があらいですがこれが栗原なぎさ容疑者です。

今後情報が更新されしだい追記します!

 

逮捕の理由

傷害容疑で逮捕されていますから、栗原なぎさ容疑者も普段から心愛ちゃんに虐待を繰り返していたのでしょうか?

もしそれが本当ならこんな悲しいことはないですよ。愛されるはずの両親から虐待をうけるなんて。

ですが、そうではないみたいです。

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡した事件で、県警は4日、傷害容疑で逮捕した父勇一郎容疑者(41)の暴行を制止しなかった共謀にあたるとして、同じ容疑で母親のなぎさ容疑者(31)を逮捕した。捜査関係者が取材に明らかにした。

捜査関係者によると、勇一郎容疑者は1月24日午前10時~午後11時20分ごろ、自宅で心愛さんに冷水のシャワーをかけたり、首付近を両手でわしづかみにしたりしてけがをさせたとして翌25日に逮捕された。なぎさ容疑者は暴行当時、自宅にいながら、勇一郎容疑者が暴行するのを止めなかったという。

一方、なぎさ容疑者は勇一郎容疑者からドメスティックバイオレンス(DV)を受けていたことが判明している。一家が野田市に転居する前に暮らしていた沖縄県糸満市には、なぎさ容疑者の親族から「勇一郎容疑者からDVを受けている」との情報が寄せられていた。また、心愛さんを一時保護した際には、千葉県柏児童相談所に、なぎさ容疑者が「今もDVを受けている」と打ち明けていた。

捜査関係者は「勇一郎容疑者による虐待が常態化する中、心愛さんへの暴力がなくなったら自分に矛先が向くと考え、マインドコントロールされていたのではないか」と話している。

県警によると、1月24日午後11時10分ごろ、勇一郎容疑者から「風呂場に連れて行き、娘ともみ合いになった後、意識がなくなった」と110番があり、駆け付けた救急隊員らが心愛さんが死亡しているのを発見した。同28日に司法解剖したが、死因は分からなかったという。

事件を巡っては、心愛さんが当時通っていた小学校のいじめ調査アンケートに「お父さんにぼう力を受けています」「先生、どうにかできませんか」などと訴えていた。市教育委員会は「個人情報で本人同意もない」と拒否したが、勇一郎容疑者が心愛さんの「同意書」を持参し、一緒にいたなぎさ容疑者も本人が書いたと話したことから写しを手渡したとしている。

「暴行止めず共謀」母を傷害容疑で逮捕 千葉の女児虐待死

 

暴力を止めれなかったことが共謀とされたのです。

自分も夫からのDVに怯え、心愛ちゃんへの暴力をやめさせると自分に矛先が向いてしまう。

それで支配されていったのでしょうか。ますます悲しすぎます。

子どもを守ることができらいくらい追い込まれていたんですね。

ツイッターの反応

やはり色んな意見があります。

複雑ですね。もともとの原因は栗原勇一郎容疑者の暴力なので、厳しく処罰してほしいものです!

まとめ

 

今回は、

千葉小4女児虐待死の母親の顔写真は?逮捕の理由が衝撃すぎる!

ということで事件について調べてみました。

今後こんな悲しい事件はおきてほしくないものです。。

 

暴力反対!!

 

コメント