白黒パンダでレン幼少期の子役は宝辺花帆美。プロフィールや芸歴は?

社会

ドラマ「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う」のレンの幼少期役を演じている女の子は宝辺花帆美さんといいます。彼女のプロフィールや芸歴について調べてみました。

題して、

【白黒パンダでレン幼少期の子役は宝辺花帆美。プロフィールや芸歴は?】

です。最後までお付き合いください。

白黒パンダ幼少期子役は宝辺花帆美


お名前は宝辺花帆美と書いて、「たからべかほみ」と読みます。あまり見ない苗字ですが、調べたところ、全国におよそ20人しかいないかなり珍しい苗字だそうです!
お名前のインパクトに加え、そのクリっとした大きな目が印象的で話題になっている宝辺花帆美ちゃんとはどのような方なのでしょうか。

宝辺花帆美プロフィール


彼女のプロフィールについてまとめてみました。
生年月日は2013年2月15日のみずがめ座で、現在7歳。趣味特技はピアノです。
残念ながら出身地については、非公開となっておりました。
所属事務所は、テアトルアカデミーです。同じ事務所で同い年の子役には鈴木福君の弟、鈴木楽君がいるようですね。
また、テアトルアカデミーといえば育成力とマネージメント力が売りですが、特に育成力には長年のノウハウに基づいており、子役事務所では業界ナンバーワンの呼び声の高い事務所ですよね。
そのため、数多くのオファーにつながり出演というカタチで夢を叶えた宝辺花帆美さんの演技はたびたび話題に上がっています。

ネットの反応

彼女が過去に出演した作品には、「さくらの親子丼」「母になる」「夏目漱石の妻」「東京タラレバ娘」などがありました。
その中で2017年に放送されたドラマ「さくらの親子丼」で絵里香役を演じた際には、その演技力で大変話題となりました。
このドラマは真矢ミキさんの演じる古本屋の店主さくらが、さまざまな問題を抱えた人々に親子丼をふるまうという物語です。リアルな社会問題について徹底取材したものを基にした、社会派人情ドラマということで注目を集めました。
彼女が演じた役はシングルマザーに育てられる3歳の娘佐伯絵里香役で、子供のことを煩わしく思う母親にひどいことをされるという役どころです。
その時の皆さんの反応を見てみると、笑顔で自然な演技、おいしそうに食べるなどストーリーでも重要なポイントを押さえていることが高く評価されているようですね。
また笑顔だけでなく、助けを求めて泣く演技にも評価する視聴者も多く、宝辺花帆美ちゃんの演技力の高さがうかがえますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う」のレンの幼少期役を演じる宝辺花帆美ちゃんについてお伝えしました。
彼女の魅力は何といってもあの笑顔でしょう。健気に笑う姿や、違和感のない自然な笑顔がとても上手な子だと思います。
かわいいだけでなく、その演技力で存在感も抜群なのです!
もうすでにいくつものドラマに出演しているということで、今後に期待が待てますね。
また、芦田愛菜さんの幼少期に似ているなどの情報が出回るほど、将来は有望視されているようですね。
近年では井上真央さんや福原遥さんといった、子役だけで終わらずにその後子役での経験を活かし、女優として活躍されている方も多く見かけます。
いずれの出演作品でも高い評価を得ている彼女が、素敵な女優になることを期待し、注目していきたいと思います。

コメント