新型コロナウイルスの影響でUSJは休園する?園内の様子は?

生活

中国の武漢市で発生した新型コロナウイルスについて、春休みやゴールデンウィークなどの行楽シーズンを控えた国内のテーマパークではどのような対応がとられているのでしょうか?
家族連れに人気なユニバーサルスタジオジャパン(USJ)の対応、報道後の様子を見てみましょう。

題して、【新型コロナウイルスの影響でUSJは休園する?園内の様子は?】

です!

最後までお付き合いください。

新型コロナウイルスの影響でUSJの休園はある?

 

国内で感染者が発生したことにより対応に追われているUSJですが、2009年の新型インフルエンザが国内で流行した際の対応を見てみると、通常通り営業していたようです。

ただし、従業員の体温をサーモグラフィーで異常がないか確認する対応は行っていました。

今回の新型コロナウイルスに限らず、新型インフルエンザ流行時のUSJの対応は従業員の体温管理のほかマスクの着用などで留まっていたため、休園措置までの対応はないように思われます。

新型コロナウイルス報道後、園内の様子・観光状況は?

 

団体客の減少により一部閑散とした状況となっているようです。
特に中国との航空便の運休、減便の措置によりツアーのキャンセルが増え、団体客が目に見えて減少していることが原因として挙げられます。

さらに国内においても、USJに遠足に行く予定だった中学校が中止状況を見て判断するなどの措置を講じているようです。

また大阪府内で新型コロナウイルスに感染したツアーガイドが、武漢市からの観光客とともに複数の観光地を訪れていたことが確認され、外国人観光客の多く訪れる近畿地方に大きな影響を与えました。

USJ以外のテーマパークの休園情報は?

 

USJは関西地方なので、関東地方のテーマパークの対応について見ていきましょう。
まずは入場者数日本一の東京ディズニーランド(TDL)の対応から見ていきます。
公式HPを見ても休園の情報は出ておりませんでした。

従業員のマスク着用のみ行っているようです。
また年間来場者数200万規模のよみうりランドではどうでしょうか。

こちらも休園の情報は出ておりませんでした。また対応策としても感染予防として消毒液の利用や、マスクの着用といったUSJやTDLの対応と変わらないようです。

その他のテーマパークについても調べてみましたが、長崎のハウステンボスや東京都多摩市のサンリオピューロランドにおいても従業員のマスクの着用、除菌の実施を行っているようです。

まとめ

現状USJを含め、休園措置を行っているテーマパークはまだ無いようですが、今後の国内での流行次第では休園することもやむを得ない状況になると思います。

テーマパークにおけるウイルス対策は、1日の来場者数が非常に多いため外から入れないような対策は難しいのです。
そのためほとんどのテーマパークでは消毒液の設置場所やマスクを購入できる場所が用意されているのだと思います。

しかしマスク不足が取りざたされている中で、どこまでマスクで対応しきれるか何かほかの手段、特に外からウイルスを入れない対策も考えてもらいたいです。
その中で私たちにできることは、体調がすぐれないときは無理せず体を休めることを優先することだと思います。

風邪の流行りやすい季節でもありますので、不必要な外出は控えましょう。
早くウイルスが収束し、春休みやゴールデンウィークに楽しく過ごせる計画を立てられると良いですね。

コメント