【注意】リースナブルの走行距離制限は何キロ?契約前に確認を!

 

各種費用がリーズナブルで使い勝手が抜群、利用者急増中の「リースナブル」。

 

全国対応で国内のカーリースサービスの中でもトップクラスの人気を誇るのが特徴的!

 

そんなリースナブルを検討しているものの「カーリースは走行距離がちょっとネックかな…」なんて敬遠している人もいるかもしれません。

 

実際リースナブルにも走行距離の制限はありますが、そこまで気にする人や不自由している人はいません。

 

今回は走行距離に不安や疑問を持っている人へ向けて、リースナブルの走行距離に関するアレコレについてまとめてみました!

リースナブルの走行距離は1ヶ月750キロ

まず結論からお伝えすると、リースナブルの走行距離は1ヶ月あたり750キロです。

 

・1月で750km

・1年で9,000km

・5年で45,000km

 

こう考えると、そこまで不自由することがない無難な走行距離が確保されていると言えます。

 

リース期間が満了するのが5年ですから、5年で45,000kmの走行距離なら不自由する人は比較的少ないと言えるでしょう。

実際の利用で不便することはある?

ここからは実際の利用で不便することがあるのか。

その辺りについて触れていきたいと思います。

 

具体的な車の利用例も合わせるとイメージしやすいと思いますので、通勤で車を使う方のケースで解説していきましょう。

 

■通勤&家族サービスに車を活用

・15km先の会社へ月20日通勤

 (15km×往復×20日=600km)

・10km先の商業施設へ月5回ほど家族と買い物や遊びに出かける

 (10km×往復×5回=100km)

 

上記のケースでだいたい月700kmと考えると、1ヶ月で750kmの走行距離設定は適切な設定と言えるでしょう。

 

ちなみに走行距離をオーバーした場合は、1kmオーバー毎に15円の追加費用とマイルドな追加費用で済みます。

 

人によってはもう少し余裕があったほうが安心できるという人もいると思いますが、比較的マイルドな追加費用で済むので、そこまで神経質になる必要はないでしょう。

商業車の場合は1ヶ月1,000キロ〜

またリースナブルでは商業車の場合は別途決められた走行距離が設定されています。

 

ちなみに商業車は下記のような車種が該当します。

・ハイエース

・レジアスエース

・N-VAN

・プロボックス

・エブリィ

・タウンエース

・ハイゼットカーゴ

 

これらは次の3種のプランを設定することができ、プランに応じた月の走行距離が設定されます。

 

・エコノミー…月1,000km

・ノーマル…月1,500km

・ビジネス…月2,000km

 

もちろん車種とプランの組み合わせ毎に月額料金が若干変わりますが、完全なビジネス用途で活用する方はリースナブルの商業車+専用プランの組み合わせで検討するのもアリでしょう。

 

月1,000km〜2,000kmと幅のあるプランが選択できるので、商業車のリースにも人気なのがリースナブルの魅力です!

その他のカーリースでの走行距離制限は

またリースナブル以外のカーリースサービスでの走行距離制限が気になる人もいると思います。

 

正直なところ、サービスによって費用が異なったり、車検や税金などコミコミになる部分が異なったりするので、一概に走行距離のみでお得かどうかを判断するのは難しいです。

 

特にリースナブルは月額費用がかなり安く、それでいて「頭金・車検・税金」などの各種費用がコミコミでお得なので、他のサービスとの単純な比較は難しいところもあるでしょう。

 

ですが、走行距離という点での比較目安もあったほうが分かりやすいと思いますので、他社の走行距離についても簡単にまとめてみました。

 

あくまで走行距離という部分になりますが、一つの参考にしてみてください。

オートバックス

まずは有名なオートバックスのカーリースサービス「まる乗り」について。

 

こちらは月間走行距離が1,000kmで年間12,000kmと少し多めな設定。

 

もしも車の返却時に走行距離が超過していた場合は、車両価値が変わるため残価金額と差額が発生した場合の精算が必要になります。

オリックスカーリース

次にオリックスカーリースについて。

 

オリックスカーリースはプランが豊富なので、最終的にプラン次第といった形になります。

 

お手頃な部分だと月1,500kmですが、超過分は課金制となっています。

 

走行距離が多めに設定されているものの、そもそもの金額がそこまで安くないためあまりお得度が感じられないのが難点です。

カーコンビニ倶楽部

最後にカーコンビニ倶楽部の「もろコミ」ですが、こちらは走行距離が月間2,000km!

 

年間24,000kmとかなり長めな走行距離設定が特徴的です。

 

金額で見るとリースナブルと似たような感じで、安いと思いがちですが、こちらは基本的に7年のリースプラン。

 

5年のリースナブルと比較すると、ちょっと負担額が増えてしまうのが難点。

 

もちろんビジネス用途で多めの走行距離が必要な人は選択肢の一つとしてはありですが、リースナブルにもビジネス用の商用車プランがあるので、その辺りも含めて検討するのがオススメです。

カーリースでは走行距離は気にしなくても良い?

リースナブルと他社のカーリースサービスの走行距離を比較すると、意外と他社のほうが走行距離が多めに確保されていたりします。

 

なので走行距離を重視する人にとっては、他のリースサービスのほうが魅力的に感じるかもしれません。

 

リースナブルはそこまでカツカツな走行距離設定ではありませんが、ゆとりを持ちたい人にとっては少し不安に感じる部分もあるでしょう。

 

ですが、リースナブルは元々の費用がリーズナブルな点が評価されています。

 

そして各種費用がコミコミでお得という点ですね。

 

もちろん他のカーリースサービスもコミコミだったりするところもありますが、費用面で比較するとリースナブルはかなり安くお得な部類に入ります。

 

その理由の一つが、過不足無い適切な走行距離設定なのでしょう。

 

その上で走行距離を超過した場合も、シンプルな課金制で済むので月750kmでもそこまで神経質になる必要はないのです。

 

変な話、少し費用が高くゆとりある走行距離設定のサービスと比較すると、費用が安いリースナブルで多少超過分を1km単位で支払ったほうが安いケースも珍しくありません。

 

そのぐらいトータルでの費用が安いのが、業界でもトップクラスの人気を誇るリースナブルなんですよ。

走行距離を気にせず乗れる快適なリースナブル!

今回はリースナブルの走行距離についてのアレコレをまとめてきました。

 

改めて今回の内容をまとめると下記の通りです!

 

・月間走行距離は750km(5年で45,000km)

・追加費用も1km毎に約15円と控えめ

・商業者のリースなら月1,000〜2,000kmプラン有り

 

そして、繰り返しになりますがリースナブルはこれらの走行距離でありながら、月額費用がリーズナブルな点も忘れてはいけません。

 

それでいて「頭金・車検・税金」をはじめとする各種費用がコミコミなので、総合的に見てリーズナブルなのがリースナブルなんです!

あなたの必要走行距離を出してみよう

もしも走行距離が気になってしまう人は、一度自分の車利用時の走行距離目安を出してみることをオススメしますよ。

 

・通勤先への距離×往復

・買い物先への距離×往復

・たまに遠出や旅行をするざっくりした距離×往復

 

この辺りを計算するだけでも、あなたが毎月必要な走行距離がわかります。

 

もしもあなたの月の利用予定距離が1,500kmを超えるようであれば、リースナブルの商業車プランか他社の走行距離にゆとりがあるプランを選ぶことをオススメします。

 

あまりに超過しすぎる場合は、いくらリースナブルがお得と言えど750kmの設定では超過分が地味な負担になってしまいますからね。

 

逆にリースナブルの750kmを多少超えてしまいそうなぐらいなら、超過分としてちょっとした費用がかかるだけなのでそこまで不安になる必要はありません。

 

月の利用予定距離が750km前後であれば、元々の費用がかなりお得なので、リースナブルの通常プランで問題ないでしょう。

 

走行距離を基準とすることも大切ですが、あまり走行距離に囚われすぎてもあなたにピッタリのカーリースサービスやプランからかけ離れてしまいます。

 

あくまで一つの基準として月の走行距離制限をチェックし、その上であなたが利用するであろう月の利用予定距離を出してピッタリなプランやカーリースサービスを選ぶのが賢い選択と言えるでしょう。

 

まずは面倒臭がらずに、あなたが利用するであろう概算距離を往復含めて出してみることをオススメしますよ!

 

その上で魅力的な車種やキャンペーンが豊富なリースナブルで、あなたのカーライフをどれだけお得に利用できるか公式サイトをチェックしてみましょう♪

コメント