misonoの病気は何?病名や原因・現在の病状はどんな状態?

人物

 

タレントで歌手のmisonoさんが病気を公表されました。

今月の初めに体調不良を理由に一部の活動を制限すると発表していたmisonoさん。

体調不良の原因を番組で発表していました。一体何という病名で現在のmisonoさんの病状はどんな状態なんでしょうか。気になりますね。

そこで今回は、

【misonoの病気は何?病名や原因・現在の病状はどんな状態?】

と題して調べて行きます。

最後までお付き合いください。

 

misonoの病気は?

 

今月1日に自身のSNSを通じて、体調不良のため10月以降、一部活動を制限することを発表していた歌手のmisono(34)が7日、フジテレビ系『ノンストップ!』(月~金 前9:50)に出演し「メニエール病」であることを初告白した。

多忙なスケジュールの中で“異変”が起きたというmisonoは「こんな状況で休止とか言ってたらダメだって思ったんですけど、そろそろ、歌えなくなってきて…」と告白。「耳がすごく痛いのと、起きたらめまいがあるから、めまいがおさまるまで、待たないといけない。舞台袖とかでも震えが止まらない」「手が震えるから口も震えるし」と現状を説明した。

しかし、「メニエール病」を発症。「自分よりも頑張っている人は、特に私の周りにはいっぱいいるし、何よりもNosukeが一番頑張っていたので(自分も)もっとできると思いたかった」と、つらい思いを吐露。医師からは「休んでください。ストレスをためないでください。生活習慣を変えてください」と言われたといい「今のスケジュールでは、限界きたなって、限界を感じました」と伝え「目の前にある仕事というか12月いっぱいはやります」と、今年いっぱいで活動を制限すると決意した。

misonoは、1日のブログで、体調不良でYouTubeを休止していることや、「精巣がんによる胚細胞腫瘍」のため闘病している、夫のNosukeを密着している同番組で自身の「病気」について公表すると説明していた。

引用元:ORICON NEWS

 

misinoさんは『メニエール病』だという事です。

聞いたことのない病気だったので調べてみると、

メニエール病は、日常生活に支障をきたすほどの回転性めまい(自分や周囲が動いたり回転したりしているような感覚)の発作が繰り返し起こり、変動のある低周波の難聴、耳鳴り(耳鳴)を特徴とする病気です。

引用元:MSD マニュアル 家庭版

他にも吐き気や嘔吐なども症状として現れます。

過去には、

  • 元タッキー&翼の今井翼さん
  • 久保田利伸さん
  • ハイヒールモモコさん
  • 美保純さん
  • 相田翔子さん
  • GENKINGさん
  • 増田恵子さん

が『メニエール病』だった事を発表されています。

私の周りでは『メニエール病』を発症した人は聞いたことありませんねぇ(‘_’)

忙しい人に発症しやすいんでしょうか。

 

misonoの病気の原因は?

 

『メニエール病』の原因は、

『内リンパ水腫』です!

と言ってもどういう事なのか分かりませんよね(^-^;

私も分かりません。。。

 

どうやら耳の中にある器官のリンパ液が増えすぎるのが原因で起こるようです。

 

引用元:FNN PRIME

 

では何故リンパ液が増えすぎてしまうかというと、

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 疲労
  • 気圧の変化
  • 几帳面な性格

などが根底の原因だと言われています。

misonoさんはがんで闘病中の旦那さんを献身的に支え続けています。

旦那さんの看病に、仕事にと大変な忙しさでしょう。

その、溜まりに溜まった疲労が今回misonoさんが『メニエール病』を発症した原因なのかもしれませんね。

 

misonoの現在の病状は?

 

misonoさんは現在『メニエール病』の

  • めまい
  • 耳の痛み
  • 震え

に悩まされていて、正常な日常生活を送れないほどです。

お仕事も当然できません。

そのため、

10月28日にある海外でのお仕事を終えると一旦すべてをストップさせるそうです。

今受けているお仕事は『迷惑をかけたくないからドタキャンはしない』とのことです。

病気を患っても責任感が強い人ですね。

 

ツイッターでの反応

 

まとめ

 

今回は、misonoさんの病気について調べていきました。

何かと叩かれるmisonoさんですが、

旦那さんの病気、ご自身の病気と、大変な環境にあります。

暖かく見守ってあげたいですね。

そして、一日も早く病気を治して、みんなの前にいつもの元気で明るいmisonoさんとして帰ってきてもらいたいです。

 

 

コメント