井手上漠の事務所は? そもそも井手上さんってどんなタレントなの?

人物

井手上漠の事務所は? そもそも井手上さんってどんなタレントなの?

井手上漠さんとは?

 

井手上漠は、多くのファンがいることでも知られる有名な日本人タレントです。

ディスカバリー・ネクストに所属している彼は2003年1月生まれと若く、まだまだ成長が期待される存在といえるでしょう。生まれたのは島根県であり、ごくごく普通の家庭です。両親をはじめとした家族の寵愛を受けてすくすくと成長していきます。

男性として生まれたものの、幼少の頃から女性が好むものにも興味関心を見せます。今でこそ性の多様性や寛容さが見られない社会で、井手上漠は苦悩を強いられることも少なくありませんでした。

一躍有名になったきっかけは…

 

そんな彼の名前を一躍有名にさせることになったのが、少年の主張大会での文部科学大臣賞の受賞です。2017年のことですが、彼自身の心の葛藤やわだかまり、生きにくさなどを綴った名作です。

弁論の内容はTwitterの公式アカウントに固定されており、人の持つジェンダーについて語られています。「自分らしくいることって、とてもとてもとてもとても、大切なことなんです。」と一枚の画像に主張を全て積み込んだツイートに共感する人々は多く、5万人以上が「いいね」。井手上さんの指摘した息苦しさを感じる人がそれだけ多いのでしょう。

井手上漠が所属する事務所は、ディスカバリー・ネクストであり、そのポテンシャルの高さが話題を呼んでいます。身長は163センチと、決して恵まれているとはいえませんが、持ち前の明るさや類いまれな才能を武器に圧倒的な存在感を醸し出します。

その可愛らしいビジュアルはお墨付きを得ており、2018年にはジュノン・スーパーボーイ・コンテストのファイナリストに選出されました。もはや、その活躍ぶりは一民間人の枠をこえるものとなったのです。

僅か16歳にして島根県の親善大使に選ばれたのも、島根県民の並々ならぬ期待の現れといえるでしょう。憧れの芸能人は渡辺直美という彼の活躍は、まだまだこれからが本番なのですから。

まとめ

 

才能を持つ日本の若きタレントとして、井手上さんは様々な分野に取り組んでいます。ジュノンボーイ・ジェンダーレスの彼がどう活動していくのか、期待が高まりますね。

コメント