映画「ルーシー」はU-NEXTで見れます!見どころやあらすじも

U-NEXT

映画「ルーシー」は、U-NEXTで視聴可能です。

ルーシーとは?

Wikipediaなどの解説を引用します。

ストーリー
ごく普通の女性ルーシーは、訪れた台北のホテルでマフィアの闇取引に巻き込まれ、下腹部にCPH4という新種の麻薬が入った袋を埋め込まれてしまう。この麻薬は、通常10%までしか活用できない人間の脳の潜在能力を極限まで高めることができる恐ろしいものだった。運び屋として体内の麻薬と共に移動するよう命じられたルーシーだったが、麻薬を狙う別のマフィアに捕まってしまう。ルーシーは激しい拷問を受けるが、その拍子に体内の袋が破れ、彼女の脳は麻薬の力で覚醒し、超人的な力を発揮してその場から脱出する。

ルーシーの脳はますます覚醒し驚異的な力を発揮し始め、マフィアの事務所を襲撃し、ボスのMr.チャンを負傷させ、残りのCPH4を手に入れるために運び屋の行く先の情報を手にする。ルーシーはフランスのピエール刑事に協力を要請し、運び屋を逮捕させ、Mr.チャンの仲間も倒して残りも手に入れる。そして脳科学の権威であるノーマン博士に会いにいく。その間もルーシーの脳の覚醒は治まらず、いつしか彼女は人間性を失い、その力を制御することができなくなってしまうようにみえた。

ノーマン博士と面会を果たし、Mr.チャンと仲間が復讐のためにルーシーを殺しにやってきたとき、ついにルーシーの脳が100%覚醒する。

キャスト
※括弧内は日本語吹替

ルーシー – スカーレット・ヨハンソン(佐古真弓)
新種の麻薬により脳が極限まで活性化した女性。
ノーマン博士 – モーガン・フリーマン(坂口芳貞)
脳科学の権威である科学者。
Mr. チャン – チェ・ミンシク(原語流用[脚注 1])
韓国人マフィアのボス。ルーシーを使って新種の麻薬を国外に運び出そうと企てる。
ピエール・デル・リオ – アムール・ワケド(清水明彦)
フランス警察の刑事。ルーシーから協力を要請される。
イギリス人 – ジュリアン・リンド=タット(後藤敦)
チャンの依頼でルーシーの下腹部に麻薬の入った袋を埋め込む。
リチャード – ピルー・アスベック(英語版)(飛田展男)
ルーシーの彼氏。実は裏社会の運び屋。
キャロライン – アナリー・ティプトン(庄司宇芽香)
ルーシーのルームメイト。女優志望。

制作
ストーリーに“『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』を彷彿とさせる”との意見が多く、リュック・ベッソンは「確かに、『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』はずいぶん昔に観ていて、好きな作品のひとつだよ。もしかすると無意識に影響を受けているかもしれないね。」とインタビュー時に語っている[3]。

公開後
この映画は2014年7月25日に公開され、興行面での成功を収めた[4]。興行収入は4億6300万ドルに達し、制作費(約4000万ドル)の11倍以上を稼ぎ出した。作品の評価は批評家によって両極端に分かれた。作品のテーマや映像、主演したヨハンソンの演技が称賛を浴びた一方で、一部の批評家は作品のプロット、特に「脳の10パーセント神話」に基づく特殊能力という設定がナンセンスであると批判した[4][5][6]。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/LUCY/ルーシー

スカーレット・ヨハンソンとリュック・ベッソン監督が初タッグを組んだサイキックアクション。ごく普通の生活を送っていた女性ルーシーは、台北のホテルでマフィアの闇取引に巻き込まれてしまう。マフィアは、人間の体内にある物質を埋め込み、その人間を海外に送り出すことで物質の密輸を行おうとしていたが、ルーシーの体の中でその物質が漏れ出すアクシデントが発生。その影響により、普通の人間なら全体の10%しか機能していないと言われる脳の機能が、徐々に覚醒していく。脳の覚醒率が上がるに従い、超人的な力が解放されていくルーシーは、自分と同じような人間を二度と生み出さないためにも、マフィアの計画を阻止するために動き始める。

2014年製作/89分/PG12/フランス
原題:Lucy
配給:東宝東和

引用:https://eiga.com/movie/80434/

解説

『レオン』や『ニキータ』などクールなヒロイン像を打ち出してきたリュック・ベッソン監督と、スカーレット・ヨハンソンが初めて組んだアクションスリラー。体内に埋め込まれた特殊な薬が漏れたことで脳機能が驚異的に覚醒し、人間離れした能力を発揮し始めるヒロインの暴走を描く。通常は10パーセント程度しか機能していない脳が、100パーセントへ向かって覚醒していくヒロインを見守る脳科学者役に、オスカー俳優モーガン・フリーマンがふんする。

シネマトゥデイ?(外部リンク)

あらすじ

マフィアの闇取引に巻き込まれたルーシー(スカーレット・ヨハンソン)は、特殊な薬が入った袋を体に埋め込まれ運び屋にされてしまう。しかし、体内で薬が漏れたことで彼女の脳機能は驚異的に覚醒。脳科学者ノーマン博士(モーガン・フリーマン)が見守る中さまざまな能力が超人的に目覚める一方、少しずつ人間性が喪失し、自らを制御できなくなっていく。

シネマトゥデイ?(外部リンク)

引用:https://movies.yahoo.co.jp/movie/349260/story/

あらすじ
人類の脳は10%しか機能していない。もしも脳が100%に覚醒したら?
ごく普通の生活を送っていた女性ルーシーは、ある日マフィアの闇取引に巻き込まれてしまう。密輸のため、彼女はある物質の入った袋を体内に埋めこまれるが、その物質が体内で漏れ出すアクシデントによって、彼女の脳は突如覚醒し始めるのだった。

「頭脳拡張20%」——驚異的なスピードで言語をマスターする。
「頭脳拡張40%」——目に見えない電波をコントロールし始める。

脳科学者ノーマン博士(モーガン・フリーマン)が見守る中、次々に人智を超えた能力を発揮するルーシー。しかし一方で、次第に人間性を失っていく彼女は、自分自身でさえもコントロール不能な状態となって暴走していく。覚醒の勢いは誰にも止めることができない。彼女の存在は破滅か、それとも、救いとなるのか。——やがてルーシーの脳は100%覚醒へと近づいていくのだった。

引用:https://filmarks.com/movies/58203

この作品のあらすじ・みどころ

「レオン」「ニキータ」のリュック・ベッソン監督がスカーレット・ヨハンソンを主演に迎えて贈るヒロイン・アクション。新種ドラッグの影響で脳機能が驚異的に覚醒し、超人的な能力を発揮し始めたヒロインの暴走の行方を描く。共演はモーガン・フリーマン、チェ・ミンシク。訪れた台北のホテルでマフィアの闇取引に巻き込まれてしまったごく平凡な女性ルーシー。体内に新種の麻薬が入った袋を埋め込まれ、運び屋として利用されてしまう。ところが、袋が破れて謎の物質が体内にあふれ出し、彼女の脳に異変が生じてしまう。通常の人間は脳の潜在能力の10%しか活用できないが、ルーシーの脳はそれを遥かに越えて覚醒を始めたのだ。やがて、脳科学の権威ノーマン博士とコンタクトを取るべくパリへと向かうルーシーだったが…。

引用:https://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA0000LNP61

映画「ルーシー」は、U-NEXTで視聴可能です。

今すぐU-NEXTに登録しましょう。

コメント