メルペイで本人確認できない事態が発生!? どうしてエラーが発生するの? 原因は?

メルペイ

メルペイで本人確認できない事態が発生!? どうしてエラーが発生するの? 原因は?

はじめに

メルペイはメルカリアプリ内に予め組み込まれているサービスで、別途アプリをインストールする必要がありません。ですが、どちらも本人確認が完了しないと使うことはできず、メルカリで既に出品者として利用している人はともかく、昨今では購入専門の人が苦戦している場合が多々あるようです。

なぜ本人確認ができないのか? その原因について、今回は特にありがちなパターンについて説明しますね。

本人確認書類に不備がある

 

本人確認をする際、大抵のサービスでは本人確認書類の提出が求められます。生年月日や住所、氏名の確認に加え、メルカリでは書類発行元がハッキリしている書類を出さなければなりません。
以下が提出を求められる書類の一覧になります。

①運転免許証
②住民基本台帳カード(顔写真付きのみ)
③各種健康保険証・共済組合会員証(カード型健康保険証)
④各種健康保険証(紙型健康保険証)
⑤各種年金手帳(厚生年金、国民年金等)
⑥各種福祉手帳
⑦印鑑登録証明書
㊇在留カード
⑨特別永住者証明書

一覧に記されていない物の中で、マイナンバーカード(個人番号カード、通知カード)や青色手帳は提出しても本人確認書類とはみなされないため注意が必要です。

提出時の注意点

 

各種健康保険証は発行から10年以内、印鑑登録証明書なら発行から6ヶ月以内のもののみ認められており、これらの書類は表面と裏面の両方ともを撮影したものを提出する必要があります。

また、必ず原本を撮影せねばならず、かつ画像が不鮮明のままにならないように気をつける必要もあります。本人確認ができないというパターンには殆どの場合、書類の提出に不備があったというトラブルが多々あるんです。

前述した基準を満たしていないとメルペイでは本人確認に不備があったとみなされ、サービスを開始することができませんので気をつけてくださいね。

まとめ

 

以上で紹介した方法を用いてもメルペイで本人確認ができない場合は、サポートデスクに連絡をする必要があるでしょう。

対応している時間を予め見ておき、もしも対応時間外に相談をしたいのであればメールを送ってみると数日中に返信が届くはずですよ。

コメント