メルペイクーポンの使い方は? 現金で払うことが出来るのかどうかも教えます!

メルペイ

メルペイクーポンの使い方は? 現金で払うことが出来るのかどうかも教えます!

はじめに

 

メルペイとはメルカリが提供するスマホ決済サービス。2019年2月からスタートし、全国で80万以上の店舗が加盟しており、かつメルカリでの売上やポイントが支払いに使えるということで一躍話題となりました。

そんなメルペイにはお得なクーポン制度が存在しているのですが、未だ使い方をご存じでない方も多くいらっしゃいます。メルペイがスタートしてから間もなく1周年。この機会に是非便利なクーポン制度を利用して、快適な決済を使い始めましょう!

クーポンを利用するにはどうすれば良いのか

 

メルペイクーポンを使うには、まずメルカリのアプリを開く必要があります。

メニュー画面の右下にある「メルペイ」の項目をタップし、画面を下にスライドして「クーポン」と記載のある項目を見つけてください。

商品を左にスライドすることで「もっと見る」という項目が表示されますから、そこから適用可能なクーポンの一覧を確認できますよ。

使いたいクーポンを選択すれば、後は画面の指示に従うだけ。サッと選択して簡単にクーポンでのお支払いが可能になります。

ところで、メルペイのクーポン制度は現金でも使えることを知っていましたか?

現金でも払えるってホント?

 

メルペイクーポンはポイントや売上だけではなく、現金やSuica、PayPayなどでも一応使うことができます。

メルペイクーポンのバーコードを店員さんに見せてバーコードをスキャンすると、「iD払い」や「コード払い」をメルカリアプリで操作せずともお店のレジでは割引が適用される仕組みになっているため、実質、どんな支払い方法をしてもレジの会計上は問題ありません。

お店側の手順としては、クーポンを使用するお客さんについては口頭で「iD払い」か「コード払い」しか使用できないことを予め伝えることとなっているようです。こちらは「口頭確認」しか行わないため、そのオペレーションを忘れてしまって通常の会計で処理してしまうことが多々あるようです。

しかし、本来であればメルペイクーポンを使って現金払いやSuica、PayPayなどの電子マネーでの支払いは出来ないことになっています。

そのため、今回ご紹介したのはあくまで裏技のようなもの。お店から現金や電子マネーで支払うことができないと言われたら素直に従ってくださいね。

コメント