コンビニでメルペイのコード払いができない? トラブルの原因を探る

メルペイ

コンビニでメルペイのコード払いができない? トラブルの原因を探る

そもそも『コード払い』ってなに?

 

2019年3月14日、メルペイでは新たに「コード払い」を利用することが可能となりました。

この「コード払い」というのはメルペイが提供するQRコード・バーコード決済サービスのことで、従来の決済方法に加えてバーコードを読み取ることで簡単に清算を行うことができるようになりました。

実はこのメルペイというサービス、以前まではiD支払いにしか対応しておらず、おサイフケータイやApple Payに対応していない機種やiPhoneでは支払いを行うことができなかったため、今までは非常に不便なサービスだったんです。そのため、「メルカリは利用できるのにメルペイは利用することができない」というユーザーからの改善を求める声がかなり多かったようですね。

そこで誕生したサービスがメルペイの「コード払い」です。
コード払いを利用すれば おサイフケータイやApple Payに対応していないスマートフォンやiPhoneでも利用することができるため、メルカリユーザーなら誰でもスマホ決済ができるようになりました。

さて、今回はそんなコード払いがコンビニで利用できないという事態が起こり、けして少なくない数のユーザーが困惑してしまっている件について、「コード払いのできない原因って?」とあう疑問についてを解説していきましょう。

メルペイでの支払いに店舗側が未対応な場合

 

コード払いはメルペイのマークがあるお店でのみ利用することのできるサービス。事前に「この店舗はメルペイに対応してるのかな?」というのを把握しておかなければなりません。

確認を怠って「メルペイのコード払いで!」と言ったところで店員さんはあなたの満足のいく対応を行うことができます。予めしっかり確認をしておいてくださいね。

コード支払いではメルペイで後払いできない

 

また、設定を後払いにしている方もいらっしゃると思うのですが、メルペイでは現在コード支払いでの後払いに対応していません。

しかし2020年以降にコード支払いでの後払い決済が可能となるそうなので、興味のある方はメルカリ側の正式な発表について検索してみるといいかもしれません。

メルペイは便利なサービスですが、キャッシュレス決済というのは未だ開発側が試行錯誤を繰り返しており、発展途上なのが現状。これからサービスがどんどん充実していくことを期待しましょう。

コメント