ホワイトデーにお返しをしない男性の心理は?脈がない?

生活

ホワイトデーにお返しをもらえなかった経験のある方いませんか?
せっかくチョコをあげたのにお返しをしない男性って結構多いですよね。そんな男性の心理や脈の有無についてお伝えします。
題して、

【ホワイトデーにお返しをしない男性の心理は?脈がない?】

です。最後までお付き合いください。

お返しをしない男性の心理は?


バレンタインデーにチョコをもらっていながら返さない男性には、その人との関係性によってさまざまな心理があります。
義理チョコを渡して返ってこなかった場合、返さなくて良い思える女性だったからと考えています。返さなくても文句を言わなさそうだとか、そもそもよく知らない女性にもらったという男性に多い理由でした。
まとめて配っていたり、職場などで形式的に配っている形でお返しがないのは、そのような理由があるからです。
恋人関係にありながらお返しをしない男性については、単純に忘れていたという理由が最も多いようです。
付き合っているので女性からすれば当然本命のチョコを渡したわけで、お返しをもらうことは当然と考えていると思います。それを忘れていたで済まされては、悲しい気持ちになりますよね。
しかし、ホワイトデーを重要なイベントとして位置付けている男性は、実は多くはいないのです。案外ホワイトデーを知らないという男性もいるみたいですよ。

お返しの金額が安すぎる男性の心理は?


お返しをしない男性がいる中で、お返しを用意してくれる男性も世の中にはたくさんいますよね。
しかし、明らかにプレゼントしたものより金額が安いとわかるものでがっかりした経験はありませんか?
バレンタインデーの女性が本命に用意しるチョコの予算は3,000円から5,000円といわれていますが、男性のホワイトデーのお返しの予算は相手が本命でなければ、大体1,000円くらいなのです。
この場合、付き合っていないけど本命でチョコを渡していたら、残念ながら脈なしと判断していいでしょう。

脈がある男性のお返しの特徴は?


ではどんなお返しが男性からの脈ありサインになるのでしょうか。
もしネックレスやピアスなどアクセサリーをもらったなら、ほぼ間違いなく脈ありとみていいでしょう。
食べ物と違い、形に残るうえ高価なものになりますから、義理で渡すということはありませんよね。
また男性にとってアクセサリーをプレゼントすることは、いつも自分を思ってほしいという気持ちが込められていることが多いからです。
あなたは本命であるという自信をもって、彼のことを大切に思いましょう。

返す派と返さない派 どっちが多い?


そもそも男性がお返しをしないことは多いのでしょうか。
調べてみたところ、およそ3割から4割の男性がお返しをしないと考えています。意外と多い結果に驚きました。
男性にとってホワイトデーの位置づけは低いですから、この結果には納得がいきますね。6割の男性も職場などでもらったから返すという義務として捉えている方がほとんどだと思われます。

まとめ

今回はホワイトデーにお返しをしない男性の心理についてお伝えしました。
女性にとってはお返しが楽しみと思っている方も多いでしょう。またお返しがないと脈なし、愛されていないと不安に思ってしまいますよね。
ただ、必ずしもお返しがないからといって愛されていないわけでもないのです。ただ単に忘れてしまったという男性もいますからね。
お返しの有無ですべてが決まるわけではありませんから、ホワイトデーは相手の気持ちを測るひとつの目安程度で十分なのではないでしょうか。

コメント