ホワイトデーのお返しで彼女が社会人の場合の相場は?

生活

2月14日は多くの男性がチョコレートを心待ちにする、バレンタインデーですね。
チョコレートやプレゼントをもらったら、当然ホワイトデーのお返しが気になってくるものです。特に彼女が社会人であったなら、学生とは違いプレゼントの経験も豊富でしょう。どんなものがいいか、何が喜ばれるのか、頭を抱えてはいませんか?
そんな悩める男性には、相場から選んでいくことおススメします。

題して、

【ホワイトデーのお返しで彼女が社会人の場合の相場は?】

です。最後までお付き合いください。

彼女が社会人の場合相場はいくら?

一般的に2,000円から3,000円程度だといわれています。そこまで高いような気はしませんよね。しかし、この金額はあくまで男性目線の金額なのです。
では、彼女が彼氏に望むお返しの金額は?その答えはプレゼントの金額と同額、もしくはその2倍ほどです。
彼氏目線と彼女目線ではギャップがあるということですね。
彼女に心から喜んでもらいたいという気持ちが強いのであれば、最低でもプレゼントの2倍の金額のものを用意する必要があるでしょう。
また社会人の女性ともなれば目も肥えていますので、特に注意が必要です。

義理チョコのお返しの相場は?


先ほど彼女のお返しについてお伝えしましたが、明らかに義理でもらった場合、そのお返しの相場は1,000円から3,000円程度です。
バレンタインデーに女性が義理チョコにかける予算が500円から1,000円ほどといわれていますから、3,000円までいくとかなり高いような印象を受けます。
しかし女性には手作りでチョコやプレゼントを作る方も多いですから、材料のほかに手間の分を合わせて考えると、その感謝の気持ちを込めて3,000円程度で用意するのも全然ありだと思います。
ただしあくまでも義理ですので、これ以上高価なものですと相手に気を使わせてしまいかねませんし、自分に好意があると思われ敬遠されてしまうことも考えておきましょう。

お返しは何をあげれば良い?


社会人の彼女に対するお返しの相場、義理でもらったお返しの相場についてお伝えしてきましたが、実際何をあげれば良いのでしょうか。
まず社会人の彼女へのお返しですが、最も多いのはピアスやネックレスなどのアクセサリーです。ホワイトデーにもらうと特別感が増すという女性が多いようです。
ただし指輪のプレゼントはおすすめできません。なぜなら、女性にとって指輪は結婚を意識される方が多く、たとえ彼女であってもただのお返しだとわかってしまうと悲しませることになってしまいます。
指輪はもっと特別な時に贈るようにしましょう。
義理チョコのお返しには、クッキーやチョコなどのスイーツが良いでしょう。相手に気負わせることもありませんし、感謝の気持ちを伝えるだけであれば十分です。
少しだけ奮発したい方はマカロンもおすすめです。おしゃれな見た目で喜ぶ女性も多いですね。

金額をカバーできるプレゼントは?


単純に金額だけでそれなりのものをプレゼントしたいという男性の方も多いと思います。
先ほどもお伝えしましたが、一般的なお返しの金額は1,000円から3,000円なのです。ですから少なくとも3,000円程度のものが用意できれば失敗することはありませんよね。
本格派のチョコレートやクッキー、少し質の高いコスメやスキンケアアイテムなどは3,000円以内に収まるものが多いようです。

まとめ

今回はホワイトデーのお返しの相場についてお伝えしました。
男性としては頭を悩ませるお返しですが、無理をして高価なものを贈ることはありません。
相手に気持ちが伝わって、心から喜んでくれることを第一に考えてみましょう。
1年に1度しかない特別な日ですから、自分の精いっぱいを贈ることができると良いですね!

コメント