同じ体勢は体に大きな負担!? 肩こりや目の疲れを解消するストレッチの方法って?

生活

同じ体勢は体に大きな負担!? 肩こりや目の疲れを解消するストレッチの方法って?

長時間同じ体勢は体に大きな負担!

 

長時間車内に座ったままの状態でいると、体が固くなってしまい肩が凝ったりお尻が痛くなったりと散々な事態にあってしまいます。

近年ではエコノミー症候群も増えていて、長時間同じ体勢をキープしてしまったということがあれば、滞った体内の血流をうまく巡らせるために体をほぐす必要が出てきます。

仮に長時間車内で同じ体勢をキープし続けていたとします。すると肩こりが酷くなるためストレッチが必要となってくるのですが、このストレッチを怠る、あるいは方法がわからない/面倒臭くてしないという方が多くいらっしゃいます。

はたして車内で楽に簡単なストレッチを行うには、何をすればいいのでしょうか? 今回は三つの手順をご紹介します。

特に疲れやすい腕・肩・腰・顔の四箇所を重点的に解し、疲れをバッチリ取りましょう!

ストレッチの仕方

 

まずは両腕を前、あるいは上に思い切り伸ばしてみましょう。ググッと「もうこれ以上は無理!」と思うくらいに伸ばせたら、今度はその姿勢をキープしたまま掌をグーとパーに開いて閉じてを繰り返します。こうすることで、腕と手首にかかっていた負担を簡単に和らげることができますよ。

次は椅子に座った状態のまま腰を捻りましょう。

首や肩の疲れやこりは、上半身の筋肉に老廃物がたまって、硬くなっているサイン。肩甲骨を動かし、首、肩、背中の筋肉をほぐして柔らかくするとかなり楽になります。

最後に手のひらのつけ根でこめかみを押し上げましょう! 両手の手のひらのつけ根をこめかみに当て、目尻を引き上げるように斜め上へ押し上げていきます。押し上げたところで30秒キープしたら終了。ついでに眉間を揉み解すと目の疲れも解消できてオススメです。

まとめ

 

体の疲れは早めに解消することが長引かせない秘訣。そのため、放っておくとどんどん症状が悪化していってしまい、取り返しのつかないことになってしまうケースも。なのでストレッチは面倒くさがらずに行い、体の健康をキープし続けてくださいね。

コメント