新幹線の車内で子供が原因のトラブル発生! 泣き喚く子をあやす方法ってあるの?

生活

新幹線の車内で子供が原因のトラブル発生! 泣き喚く子をあやす方法ってあるの?

はじめに

 

快適な旅のお供、新幹線。非常に便利なため家族連れや出張先へ向かう途中のサラリーマン、あるいは旅行中の学生団体などが毎日利用しています。

しかし、快適な旅には多少のトラブルがあるものです。特に目立つのが子供とのトラブル。はたしてどんな事例があるのかをまずは見ていきましょうか。

車内でのトラブルを防ぐには

 

2018年、ある出来事がSNSで話題となりました。
それは、「新幹線で子供が泣いてしまった時、隣の女性が耳栓をしていたのを見た。ショックだった。」という内容の投稿。

この耳栓をしたという女性についた賛否両論の声が上がったのですが、そもそもの話、子供が泣いてしまうことによって生じるトラブルは非常に多いんです。そのためいかに子供を泣かせないようにすれば良いのか、親はアレコレと手を使って未然にトラブルを防ごうとします。

騒音を快く思わない方が多くいらっしゃる昨今、未然に防止しようと対策を取るのは実に涙ぐましい努力ですよね。しかし中々効果が現れず、今日も車内で子供が泣いてしまった、とガッカリしてしまうことが多数。

子供はふとした拍子で泣いてしまうものですから、この際未然に防止することは諦めましょう。ですが、どうすれば早く涙を流す我が子を笑顔にさせることが出来るかはある程度事前に準備ができるはず。次の項目では子供をあっという間に泣き止ませる方法をレクチャーしましょう!

オモチャを使うのが定番のあやし方!

 

子供を泣き止ませるためにオススメな対策が「新品の、一度も見せていないオモチャを隠し持っていく」こと。

子供は見慣れないオモチャを見つけるとたちまち興味津々となり、暫くの間意識を逸らすことができます。少し意地悪な方法かもしれませんが、うってつけの手段です。子供の目を引くようなオモチャを事前に用意しておきましょう。

鏡を使うのもあり?

 

ぐずった時には鏡を使ってあやしてあげるのもオススメ。先ほど紹介したオモチャと同様、子供は不思議なアイテムを見つけると途端に「これは何?」と丸い目を開いて何度も訴えかけてきます。

とにかく子供の興味を惹くようなアイテムを持参すること。それが子供がトラブルを引き起こしても被害を最小限に抑えるコツですよ。

コメント