新幹線に乗車してから騒ぎだす子供 静かにさせるにはどうすればいいの? 対策は?

生活

新幹線に乗車してから騒ぎだす子供 静かにさせるにはどうすればいいの? 対策は?

はじめに

 

子供にとっては何もかもが新鮮に映る新幹線を利用しての移動。目まぐるしく移り変わってゆく景色をキラキラな目で眺める横顔は非常に微笑ましいものなのですが、はしゃぎすぎると周囲の乗客の迷惑になってしまいます。

また、何か子供にとって気に入らない行動をしてしまうと、ギャン泣きされてしまい折角の休息のひと時が一気に疲労困憊な状態と化してしまうことも。

はたして車内で子供を静かにさせるには一体どうすれば良いのでしょうか?

先に念を押しておく!

 

新幹線に乗る前に、子供には「はしゃぎすぎたら駄目だよ」と予め念押ししておかなければなりません。ずっと静かにできたらご褒美買ってあげるよ、と甘い対応を取ってもいいですし、逆に少しでも騒いだらゲームは無し、と厳しく叱るのも良いでしょう。

子育てにおいて、適度な飴と鞭は必須アイテム。程良いバランスを維持して快適な旅を楽しまなければなりませんよね。

そのため、乗車後には子供に何かしら楽しめる道具を与えなければいけません。その道具とは一体何でしょう?

読書が好きな子供には本を与えよう

 

たとえば、小学校三年生からは子供向けの文庫本を読むことが増えますよね。そこで子供のお気に入りの本、あるいはまだ読んでいない本を持っていくと、子供の意識は物語の中であっという間に吸い込まれていきます。

三年生以下の子供でも、子供向けの月刊誌や絵本など読書は様々な選択肢があります。この場合だと、基本的には静かにじっと本を読み続けるためトラブルの心配はないでしょう。

普段から騒いでいる子供にはどうすれば?

 

しかし、普段から本などは読まず、ひたすらに騒ぐようなタイプの子供もいますよね。元気があるのは結構なのですが、親からしても周りからしても、そういった子供は時に頭痛のタネに。

車内でもはしゃぎだすようなタイプの子供には映画を観させると大人しくなりますよ。こちらも先ほど紹介した手段と同様子供の意識を逸らすもので、結構似ていますよね。

こういった時、子供にゲームを与える親がいるとは思うのですが、こちらの手段は子供が一人ならばともかく、複数いると結局は騒ぎ出してしまうためあまりオススメはできませんね。

コメント