HSP繊細さんが楽になる方法は?【生きづらい】から解放されよう

最近やっとHSPが【繊細さん】と言うかたちでみんなに知れ渡ってきましたね。とは言えまだまだHSP【繊細さん】は生きづらいものです。

みんなが同じ考え方ならこんなに悩まなくていいのに。。。なんて思いますよね。

周りのみんなの考え方を変えていくのはかなり大変です。

ですが、自分の考え方を変えるのは少し意識するだけでできます。

今回は、HSP【繊細さん】が生きづさから解放されて、楽になる方法をご紹介します。

題して、

【HSP繊細さんが楽になる方法は?【生きづらい】から解放されよう】

です。最後までお付き合いください。

HSP繊細さんはなぜ生きづらいのか?

 

五感が優れていて、周りの変化に敏感に気付いてあげれるHSP【繊細さん】

きっとあなたは周りから

『優しい人』

『怒らない人』

『争いを嫌う平和主義者』

などの印象を持たれているでしょう。

ではなぜ、こんな世間から好かれる『いい人』が生きづらさを感じてしまうのか。

みなさん思い当たるところがあると思いますよ。

周囲からの影響を受けすぎる

HSP【繊細さん】はアンテナが高く、周りの人たちの感情を読み取ってしまいます。ハッピーな感情なら良いのですが、ネガティブな感情はもろにダメージを受けます。

怒られている人がいれば自分が怒られているような感覚に陥り辛くなり、誰かの悪口を言っている人がいれば自分も言われているような気がしてその場から逃げたくなり。

直接自分が関係なくても、まるで自分のことのように捉えてしまいます。

自分より他人優先

頼まれたら断れないのもHSP【繊細さん】の特徴です。よほど自分が限界ではないかぎり頼まれごとは引き受けてしまいます。

頼まれごとを終わらせた後、止まっていた自分の仕事を一人でやり始めなければなりません。

他の人に手伝ってもらうなんてできませんよね。自分がちょっと頑張ればいいだけですもん。。。

推測しすぎる

相手の口調やドアの開け閉めの音が強いだけでも、

『怒ってるのかな・・・あの時のあの返事が気に障ったのかな・・・』

『気付いてないけど何かミスしてたのかな・・・』

『この前頼まれてたアレ、出来ばえが気に入らなかったのかな・・・』

少しでもネガティブな感情がちらつくと自分に原因があるのでは?と色んな推測をしてしまいます。

他人が雑さが目に付く

周りをよく見ているので、他人の身勝手な行動や大雑把な行動が気になってしまいます。

『自分ならみんなの為にこうするのに・・・』

『もうちょっとみんなの事考えてよ!』なんて思ってしまいます。

 

 

どうですか?

思い当たるところありますよね?

これらがHSP【繊細さん】が生きづらさを感じる理由です。HSPは5人に1人いると言われていますから、5人に4人は非HSPなんです。

考え方の違う非HSPが圧倒的に多いので、そりゃ生きづらいワケですよ。

 

HSP繊細さんが楽になる方法は?

 

ではでは、そんなHSP【繊細さん】が楽に生きる為にはどうすればいいのか。

それは考え方・意識を少し変える必要があります。

自分はHSPなんだということを認識して、次の方法を少しずつ取り入れましょう。

逃げていい

面倒なことから逃げていいんですよ。

『ここで逃げたら社会的に・・・人間的に・・・』なんて思うことない。

あなた一人が我慢する必要なんてないんですから。

職場・親子・恋人などの人間関係だってそう

絶対に離れられない関係なんてないです。

断っていい

誘いや頼み事を断っていいんですよ。

『断ったら嫌われそう。。。』って思いますよね?

『誰にでも平等に良い人でいなければならない』と心のどこかで思ってますよね?

でも放っておくと【断らない都合のいいあなた】が好きな人があなたの周りに集まっていますよ。

『あいつならちょっと無理な頼み事でも引き受けてくれる』なんて思われてこれからも頼まれ続けます。

いい人の殻を少しだけ破って素を出すと、人間関係が適切に入れ替わります。

今までさんざん引き受けてきましたよね。これからは断っても大丈夫ですよ。

確認していい

機嫌が悪い人が側にいるとついつい、

『何かしたっけ?自分のせいであの人は機嫌が悪いんじゃないかな。。。』って色々考えだしてしまいますよね?

でも、確認してください。

何で機嫌が悪いのか聞いてみてください。自分が関係ない理由の事が多いですから。

HSP【繊細さん】は感じ取るアンテナが高すぎてすぐ察するけど、察してることの間違いもあるんです。

すぐ自分の負い目だと思いこまないでください。

助けなくていい

困ってそうな人を助けなくていいんですよ。

『あの人困ってそうだな。こうしてあげたら喜びそうだな。』

って、頼まれてないのに先回りして助けていませんか?

『困ってそうな人がいたら率先して助けてあげなきゃ人間としてだめだ。』

こういう考えが頭の中のどこかにありますよね?

でも、頼まれてないなら助けない。

あなたの人生で一番大事なのはあなた自身なんですから。

まずは自分を優先しましょ。

見守って、待って、助けを求めてきたら力になってあげましょう。

頼っていい

ちょっとしたことでも頼っていいんです。

頼る発想を持ちましょう。

『手伝ってほしいけど他の人も忙しそうだし・・・自分でやれよとか思われそうだし・・・』

って推測せず、手伝えるかどうか確認すればいいんです。

頼んでみると、意外とあっさり手伝ってくれますよ。

頼んだ後は、【頼んだこと】が気になりますが信じて相手に任せましょう。

嫌っていい

苦手な人や物を嫌っていいんです。

嫌いっていうのは大切な感情で、感覚的に感じる【嫌い】は生命の防衛本能に近いです。

『一緒にいたらダメージを受けそう。何かこの人苦手。』

HSP【繊細さん】が受ける、その人の第一印象ってけっこう当たりますから。

その感覚大事にしていきましょう。

『この人のこと苦手だけど、それが伝わったら失礼だし』って思って笑顔で接しなくていいんですよ。

素を出して避けていいんです。

合言葉を使う

ひとつひとつやろう

マルチタスク、同時進行って苦手ですよね?

『あれとこれをやらなきゃ。その前にあっちを進めた方が効率がいいか。。。あっ、あれも思い出した。』

やることがいっぱいになってくると、『どれも大事だからどれからやりゃいいんだ!!』

なんて軽くパニック状態になりませんか?

推測・シュミレーションが得意はHSP【繊細さん】は物事を進める前に色々と考えすぎて身動きが取れなくなることがあります。

そこで、【ひとつひとつやろう!】って声に出してください。

目に付いた事からひとつひとつ終わらせましょう。確実にやらなければならない事は減っていきますから。

ちょっとお願い

先ほどの【頼っていい】に繋がりますが、お願い事をするのが苦手なHSP【繊細さん】。

自分の中でのお願い事へのハードルを下げるために【ちょっとお願い】言っていきましょう。

頼み事をする時の心が少し軽くなりますよ。

 

仲間を見つける

5人に1人いるHSP【繊細さん】

その数は決して少なくありません。自分と同じHSPの人といるとほっとしますよ。

一緒にいて居心地の良い仲間を見つけてください。

見つける方法は簡単です。

自分が好きなお店や物は、他のHSP【繊細さん】も好きです。

感覚が似ているため好きな事も似やすいんです。

SNSで探すか、自分から発信すれば気の合う仲間はすぐ現れますよ。

まとめ

 

今回は、HSP【繊細さん】が生きやすく楽になる方法をご紹介しました。

少しでもHSPの方が楽になれれば幸いです。

 

コメント