花火大会の持ち物で子連れの場合あると便利なグッズは?【2019年最新】

生活

 

みなさん待ちに待った花火大会の季節がやってきましたね!この季節になると、毎週のようにどこかで花火大会が開催されています。

せっかく花火大会に行くんだったら、良い思い出として残したいものです。

『準備不足で散々だった。。。』

なんて事にならないよう、花火大会にあると便利な持ち物についてまとめました。

ちなみに今回は、子連れ家族目線でまとめています。

題して、

『花火大会の持ち物で子連れの場合あると便利なグッズは?【2019年最新】』

です!最後までお付き合いください。

 

タオル類・ブランケット

フェイスタオル

花火大会は夜に開催されるとはいえ、移動や照明、人の多さで大変暑いです。

大人はある程度汗をかかないようにコントロールできますが、子どもは汗なんて関係なく動き回りますからね。

汗拭き用のフェイスタオルはあるといいです。首にかけていれば邪魔にはなりませんし。

タオルケット・ブランケット

少しかさばる物になりますが、タオルケットやブランケットも使えます。

急な天候の変化で寒くなったら、ひざ掛けとして。

座っている場所が固く、お尻が痛くなってしまったら座布団として。

子どもが花火に飽きて寝てしまったら、下に敷いてあげるなど。

ウェットティッシュ

 

小さな子どもとのお出かけには絶対必要なウェットティッシュ。

普段から持ち歩いている人も多いでしょう。

出店で買える食べ物は、口の周りや手がベタベタヌルヌルするものがたくさんですから絶対持って行きましょう。

たこ焼き・フライドポテト・かき氷・りんご飴。。。口の周りがベタベタになっている可愛い子どもの姿が想像できます。笑

ポケットティッシュ

 

こちらも先ほどのウェットティッシュと同じで、子どもとのお出かけに必ず持って行っている人は多いんじゃないでしょうか。

ウェットティッシュとは用途に応じて使い分けていますよね。

また、花火大会会場周辺のトイレは大変混み、紙切れがおこらないとも言えません。

もしトイレの紙切れに遭遇してしまったら一瞬で花火の思い出が台無しです。笑

念のため、水に流せるタイプのポケットティッシュがあると便利ですよ。

虫よけグッズ

 

夏のお出かけ対策で必須ですね。外にいるなら特に。

しかも子どもって、いっぱい虫に刺されませんか?笑

『いつの間にこんなに刺された( ゚Д゚)?!』みたいな。

虫よけスプレー

個人的に虫よけはスプレー派なので、私はスプレータイプを使っています。

虫よけスプレーを嫌がる子どもには、無臭のミストタイプがおすすめですね。霧状にふわっと噴射されるので優しい使い心地です。

虫よけバンド

最近では100円ショップでも売られている虫よけ用バンド。デザインがおしゃれな物も増えてきましたし、虫よけ対策に有効です。

虫よけシール

服に貼るタイプの虫よけグッズですね。子どもの肌に直接虫よけスプレーなどしたくない人におすすめです。カバンに貼っておくのもいいですね。

雨具(レインコート)

 

天気はある程度予想ができますから必須ではないですが、急な雨に備えるならあった方がいいです。

人ごみの中での傘さしは危険ですので、レインコートがよいですね。

でも優先順位は低いです。

小雨の中、花火を見るのは楽しくないと思いますし。。。行くのを諦めるのも大事です。

敷物

 

立ったまま花火を見続けるのはしんどいですから、敷物・レジャーシートはあった方がいいですね。大人だけなら立ったままでも何とかできますけど、子どもは疲れて座りたがるし、抱っこをせがんできますし。

それに場所どりにも使えますから、早めに会場入りできるなら場所どりでシートを使いましょう。

小さめの折りたたみ式の椅子・座布団

 

座るときの一番理想のグッズは、椅子・座布団です。レジャーシートやブランケットでは、直に地面に座るよりはマシ程度。やはり座るためのグッズには敵いません。

座り心地を優先するか、荷物の量を優先するか、ですね。

 

懐中電灯・ライト

 

花火会場までの道中が暗ければ、あると安心できます。

車に自分の存在を知らせる目的でもあります。

ゴミ袋

 

スーパーやコンビニの袋でもかまいません。出店で食べ物を買ったときにもらえますが、予備で何枚かあると便利です。かさばる物でもないですからね。

軽食(おにぎり・おやつ)

 

出店がたくさんあるのに必要?!と思われますが、意外とあれば便利!

食べたいものは色々あるけど、何度も並ぶのは時間がかかるし、早く買ってこないと子どもの機嫌が悪くなっちゃうし。買った物を手に持つと子どもと手が繋げなかったりと大変です。

そんな時におやつなどの軽食で、時間と空腹をつなぎます。おやつ嫌いな子どもはいませんからね。

出店の食べ物はどれも値段が高いですから、節約にもつながりますよ。

 

水筒

 

飲み物を買うのにも並んで時間がかかるお祭り。

そんな時 飲み物を水筒に入れていけば、いつでも飲めて便利ですね。水分補給のメインとして使うなら大きなサイズの水筒が必要ですけど、補助的な感じで使うならそんなに大きい物はいりませんよね。

子どもが首から小さな水筒をぶら下げている姿もかわいいですし(^^♪

こちらも軽食と同じで節約にもつながりますよ。

 

手持ち扇風機

 

最近よく見かけるようになった小さな手持ち扇風機。

夜でも熱気むんむんの花火会場ではあったほうがいいですね。

少し前まではおもちゃみたいな手持ち扇風機しか売っていませんでしたが

今では種類が豊富で、機能性・見ためのかわいさなど色々選べます。

首からぶら下げれるタイプなら邪魔にもなりませんし。

番外編:意外と使わなかったグッズ

 

ここからは準備万端で用意したけど意外と使わずに終わったグッズをいくつか紹介します。

持って行っても無駄。という事ではないので参考程度に。

モバイルバッテリー

『もしスマホの充電が無くなってしまったら・・・』という不安から念のためモバイルバッテリーを持って行ったけど、写真と動画を撮るくらいしかしなかったので充電はあまり減らなかった。

子どもの着替え

汚れた時の為に替えの服を持って行っていたけど、結局使いませんでした。ご飯を食べる時、普段以上に汚さないよう注意していたからかも知れませんが。笑

ご飯の時汚さないか心配なら、タオルを前掛けみたいにして代用すれば安心です。

おもちゃ

子どもが待ち時間に退屈しないようお気に入りのおもちゃを持って行きましたが、出番はありませんでした。待ち時間が長いときはお祭り会場を見て回れば時間は潰せますからね。

ツイッターの声

まとめ

 

今回は子どもを連れて花火大会に行った時にあったら便利・使わなかったグッズについてまとめました。

少しでも参考にしていただいて夏の良い思い出を作ってもらいたら幸いです。

コメント