道路交通法とチャイルドシートについて 何歳まで着用させていればいいの? シートの選び方は?

道路交通法とチャイルドシートについて 何歳まで着用させていればいいの? シートの選び方は?

チャイルドシートの着用は義務!

 

道路交通法上でチャイルドシートの着用というのが義務付けられていることは多くの人が知っていることでしょう。

当然ですが、昔はこういうものが特になかったわけです。昔の話を言ってしまうのであればそれこそ普通にシートベルトする義務付けられていなかった時代というのがあるわけですからチャイルドシートというのも特に義務付けられているような時代ではなかった、ということもあるわけです。

何歳の子供に着用する義務があるのか

 

しかし、今ではその客様が具体的に何歳までやらなければならないというようなことが決められているので注意しておきましょう。

では、いったい何歳から義務付けられるのかと言いますと何歳からというよりは何歳までということなのですが、6歳未満、つまり5歳まではチャイルドシートを着用する義務がある、ということになります。

具体的な法律的な根拠として道路交通法の第七十一条の三の三項となります。
法律的に自動車の運転者は幼児用補助装置を使用しないで幼児を乗せて運転してはいけないということになっています。

つまりは、これはその親に義務があるというわけではなく、あくまで運転者に課せられた義務ということでもあります。
ですから、友人夫妻とその子供を乗せて運転しようとするときに5歳の子供がいたのであれば自分に子供がいないとしてもチャイルドシートをつけてそこに乗せないとアウト、ということになります。

そのため、子供を乗せるときには運転者が注意しないといけません。細心の注意をしておいたほうがよいでしょう。

チャイルドシートはどう選べばいいの?

 

チャイルドシートなのですが、普通に様々なところで販売されています。それこそ今ではネットで販売しているものですから、そんなに気にすることではなくなっているといえるでしょう。

それこそ別に中古でも問題はないです。
極端に古いものは辞めておいたほうがよい、ということはありますが、とりあえず新品でないといけない、ということもないです。

特に大きさに関しても極端に違うということもありませんし、性能も眼に見えて大きく違うということもありませんから、まず新しい物に固執する必要性はないといえることでしょう。

とにかくその年齢の子供がいるのにやらない、という選択肢はありませんので、もしチャイルドシートを購入せずに子供を車へ乗せようとしているのなら今すぐ止めて、道路交通法に違反しないようシッカリ気を付けながら着用を促しましょう。

コメント