ゲンナリしてしまいがちな車を運転中での渋滞 楽しく時間を過ごすことってできるの?

生活

ゲンナリしてしまいがちな車を運転中での渋滞 楽しく時間を過ごすことってできるの?

渋滞にはうんざり?

 

お盆やゴールデンウィーク、お正月のシーズンでは毎年帰省や旅行などによる渋滞が相継ぎます。

高速道路の途中で長い列が出来ると、途端にゲンナリしてしまい車内が微妙な空気になってしまいますよね。ところが、そういう時に渋滞を楽しめる方法がある、といえば皆さんはどう思いますか?

今回の記事では遭遇するとゲンナリしてしまいがちな渋滞を楽しく過ごすための方法についてご紹介します。順番に見ていきましょう。

プチ映画鑑賞会を行ってみる

 

最近の車には二つ映像を流すための画面が車内に付いているため、渋滞情報を確認したらパッと映画を観ることで意識を逸らすことができます。

ポップコーンがあると尚良いのですが、流石にそこまで本格的な映画鑑賞は難しいでしょう。そのためプチ映画鑑賞会と呼称してみました。

お気に入りの映画や内容が気になっていたけどまだ観れていない映画のDVDを持参すればいつでも観れるようになりますから、渋滞を乗り切るにはかなりオススメですよ。

好きな音楽を流す

 

お気に入りの楽曲というのは、一度流すだけで魔法のように人々の気分に作用していきます。陽気なポップミュージックを流せば明るい気持ちになれますし、ロックを流せば気分が高揚しますよね。

渋滞の時もそれは有効で、一度大好きな音楽を流せば意識は「渋滞って退屈だな…」といったものから「この曲を聴いていると気分が良くなるなあ」というポジティブな思考へと切り替わっていきます。

車内に音楽を流して、突発的に歌唱大会をスタートさせるというのも面白そうです。クルマの中が一瞬でカラオケボックスに変貌し、長い間楽しむことができるでしょう。

どうしても退屈してしまうなら…

 

ここまでで二つの楽しみ方を紹介しました。

渋滞は敵ですが、遭遇したからといって必ずしも退屈を強いられるということはありません。工夫次第でいくらでも楽しくさせることは可能です。

しかし、前述した方法を行えない場合は残念ながら寝る以外の選択肢はないでしょう。
一度寝ることが出来ればグッスリと意識が沈んで、お子さんが渋滞の途中で催してしまうといったケースを未然に防ぐこともできますよ。

途中でSAが見えてくれば起こせば良いだけの話ですから、どうにもならない場合はとにかく寝ることを心がけましょう!

コメント